スポンサーリンク

あの名作映画「レオン」から学ぶ!マチルダの秀逸すぎる名言7選を英語で紹介

映画・名言で英会話
スポンサーリンク

この記事では、あの名作映画「レオン」のマチルダの秀逸すぎる名言を厳選し英語で紹介・解説していきます

☑名作映画から楽しく英語を学ぶ方法も紹介しています。

sachi
sachi

大の映画好きの著者ですが、レオンは3本指に入るほど好きな名作です。マチルダ、可愛すぎ。

第二弾の、レオンの劇中の会話を英語で紹介している記事は下記からどうぞ♪
【名作映画レオンに学ぶ】劇中の名セリフ・会話を英語で紹介!

スポンサーリンク

「レオン」(1994)の解説・あらすじ

レオン

「ニキータ」のリュック・ベッソンが初めてアメリカで製作したバイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、凄腕の殺し屋レオンと12歳の少女マチルダの純愛と戦いを描く。大都会の片隅で出会った孤独なふたりの葛藤と壮絶なアクション・シーンがほどよくブレンドされた佳作だが、その功績は朴訥だが頼もしいJ・レノと繊細でいてたくましいN・ポートマンの二人の魅力に負うところが大きい。(Yahoo!映画 公式サイトより)

Yahoo!映画での評価も★4.47と高評価です!

「レオン」の魅力:ナタリー・ポートマン演じるマチルダがとにかくいい

主演のレオン演じるジャン・レノももちろん良いのですが、この映画は何といってもマチルダの可愛さがやばいです。そしてあのボブヘアーとかMA1ジャケットとかチョーカーとか、やたらとおしゃれ。

ナタリー・ポートマンは当時13歳だったそうですが、大人びた顔立ちの中にあどけなさもあって、彼女が0.05%の確率でオーディションに合格しマチルダを演じたのは必然と思えるほど役にぴったりです。

そんな天才女優ナタリー・ポートマンの演じるマチルダがレオンの劇中で放つセリフは、どれも心に刺さるものばかり。

彼女のセリフを英語で学んで、レオンという名作映画を120%楽しみましょう!

\今なら31日間無料お試し中/

U-NEXT会員に無料登録して今すぐ観る

 

名作映画「レオン」マチルダの名言7選

“Is life always this hard, or is it just when you are a kid?” 「大人になっても人生は辛いの?」

冒頭のシーン。レオンとマチルダがする2度目の会話でマチルダがレオンに言うセリフです。
直訳すると、「人生はいつもこんなに辛いの?それとも子供の時だけ?」となります。

それに対するレオンの回答は

“Always like this.”
「いつもだ。」

現実を突きつけるスタイル。笑

この時から2人の雰囲気に通ずるものがあるのが感じられる、大好きなシーンです。

“I finished growing up, Leon. I just get older.” 「私はもう大人よ。あとは年を取るだけ。」

レオンに “You need some time to grow up a little” 「もう少し大人になりなさい」と言われてマチルダが言うセリフです。はあ、なんておしゃれなのでしょうか。

見た目はまだまだ子供ですが、鋭いまなざしでこんなセリフを言われたらやけに説得力があります。とても心に刺さるシーンですね。

“I’ve seen better days” 「悲しいわ。」

レオン扮するブタさんに “How are you today Matilda?” と聞かれて答えるシーン。

“I’m sad.”と直訳する代わりに、「もっと良い日はあったわ」と言っています。

これは日常会話でも応用可能です。

ツイてない日に“How are you?” と聞かれたら “I’ve seen better days” と答えて英会話上級者ぶってみましょう。同時にマチルダごっこもできますしね。

“I’ve decided what to do with my life. I wanna be a cleaner.” 「私決めたわ。殺し屋になる。」

可愛い顔で怖いことを言うマチルダ。

“What to do with my life” とは職業を指します。

“I don’t know what to do with my life yet.” だと
「将来何になりたいかまだわからないんだよね」という意味になります。

“Leon, I think I’m kinda falling in love with you.” 「レオン、私あなたに恋をしてしまったみたい」

突然のマチルダの告白に思わずレオンは牛乳を吹き出します。笑突拍子もない言動があぶなっかしくて同時に目が離せない魅力のあるマチルダ。本当にかわいい!!

kindaとはkind of の略です。I’m kind of~で~みたいと口語的な表現でネイティブがよく使います。
Fall in loveとは恋に落ちるということ。

I love youという表現は関係が深くなった時のみ使いますので注意が必要です。

告白の際は
“I have a crush on you” 「あなたに片思いしている」
I’m in love with you” 「あなたのことが好きです」
が適したフレーズなので、英語で告白する際は参考にしてください(^^)/

“I don’t give a sh*t about sleeping, Leon. I want love, or death. That’s it.” 「睡眠なんてどうでもいいわ。私が欲しいのは愛か死。それだけ。」

give a shitは「どうでもいい」と言う意味です。
他にもgive a damnやgive a crapなんて言ったりもしますね。
ただあまり丁寧な言葉ではないので、丁寧に言いたいときは”I don’t care”と言いましょう。

“I think we are okay here, Leon” 「もう大丈夫よ、レオン」

最後のシーンです。
ここですべての感動が一気に押し寄せて、エンドロールで号泣必須ですね。

映画で楽しく英会話を学ぼう!

映画のセリフを英語で学ぶことで、ボキャブラリーや言い回しを学んだり、リスニング力の向上にも繋がります!

著者は大の映画好きだったので、映画で学んだことを留学先の友達やホストファミリーとの会話でアウトプットして着実に自分のものにしていきました。そのおかげもありネイティブが話すような自然な英語を身に着けることができました♪

sachi
sachi

なんといっても1番の醍醐味は、映画のセリフをオリジナルの形で理解できること。映画好きとしてはたまりません!

今はオンライン英会話で気軽に英会話レッスンを受けることができるので、留学に行かなくてもおうちで学んだ英語をアウトプットできます。

おすすめは入会金0で、質の良いレッスンを格安で受けられるDMM英会話!


CMでおなじみの大手英会話教室です。
オンライン英会話の満足度に関する調査において、すべてNo.1を獲得しています。

DMM英会話のメリット

①入会金なし!
②フィリピン講師を中心に様々な講師と毎日レッスンできて月額6,480円!
③日本人講師+ネイティブ講師も毎日1レッスンで月額15,800円!
④24時間365日レッスン可能
⑤フリートークが苦手な人必見!様々な目的に合わせたテキストを選べる

ネイティブのレッスンが1コマ500円以下!ノンネイティブならなんと200円!破格で英会話を毎日受けられますよ。

 

\無料体験はこちらから/

DMM英会話のレッスンを無料体験する

 

映画「レオン」マチルダの名言を英語で紹介 まとめ

いかがでしたか?

この5つのセリフからもマチルダの魅力と、この映画の秀逸さが伝わってきますよね。

ぜひマチルダのセリフを英語で覚えて、名作映画レオンをさらに楽しんでください♪

名作映画好きはこちらの記事もどうぞ。あの名作「ショーシャンクの空に」の名言を英語で紹介しています。

プロフィール
この記事の著者
sachi0618

英語力0からカナダの公立高校に入学し、自力で卒業。その経験を活かし本当に使える英語を楽しく学べる情報や、その他お役立ち情報を等身大で発信していきます。
現在は1度の転職を経て名古屋のメーカーで海外営業として時にゆる~く、時にバリバリ働いております。

sachi0618をフォローする
映画・名言で英会話
スポンサーリンク
sachi0618をフォローする
*英会話シネマ*

コメント

  1. […] あの名作映画「レオン」から学ぶ!マチルダの秀逸すぎるセリフ5選を英語… スポンサーリンク […]

タイトルとURLをコピーしました