スポンサーリンク

英語学習におすすめ!映画「プラダを着た悪魔」から学ぶ英語フレーズ9選

映画・名言で英会話
スポンサーリンク

この記事では映画「プラダを着た悪魔」に出てくる英語フレーズやおすすめ学習教材をご紹介していきます。

☑名作映画から楽しく英語を学ぶ方法も紹介しています。

おしゃれなこの映画から楽しく学んで、ぜひ日常生活で活用してください。

あなたもVogueの社員になった気持ちで読んでくださいね♪

 

スポンサーリンク
  1. 「プラダを着た悪魔」(2006)のあらすじ
  2. 【プラダを着た悪魔が英語学習に向いている理由】
  3. 「プラダを着た悪魔」のスクリーンプレイ書籍がおすすめ
  4. 「プラダを着た悪魔」英語の名言・セリフ
    1. “That’s all.” 「以上よ」
    2. “Is there some reason that my coffee isn’t here? Has she died or something?” 「私のコーヒーがここにないのには理由があるの?彼女死んだとか?」
    3. “Please bore someone else with your question.” 「他の人をあなたの質問で退屈にしてちょうだい」
    4. ” I never understood why everyone was so crazy about Paris, but now… It’s. So. Beautiful.” 「今までなぜ人々がそこまでパリに魅了されるか理解できなかったわ。でも今はわかる気がする…とっても美しいわ。」
    5. “I’m not your baby.” 「私はあなたのベイビーじゃないのよ。」
    6. ” You sold your soul to the devil when you put on your first pair of Jimmy Choo’s.” 「初めてジミーチュウの靴を履いた時、あなたは魂を悪魔に売ったのよ」
    7. “You have some very large shoes to fill. I hope you know that.” 「前任者の穴を埋めるのは大変よ。わかってるといいけど。」
    8. I can get another girl to take your job in five minutes… one who really wants it. 「君の後任なんて、5分以内に見つけられる。本当にやりたがっている子をね」
    9. “A million girls would kill for that job” 「女性の憧れの仕事だね」
  5. 映画で楽しく英会話を学ぼう!
    1. おすすめは入会金0で、質の良いレッスンを格安で受けられるDMM英会話!
  6. まとめ

「プラダを着た悪魔」(2006)のあらすじ

プラダを着た悪魔

アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッション誌ランウェイの面接を受ける。編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間公私の区別なく携帯が鳴り続ける悪夢の日々が始まった。

sachi
sachi

「悪魔」カリスマ編集長を演じたメリル・ストリープの演技は必見です!

\今なら31日間無料お試し中/

U-NEXT会員に無料登録して今すぐ観る

【プラダを着た悪魔が英語学習に向いている理由】

実はこの映画、非常に英語学習に向いている映画なんです!
その理由は下記にまとめています。

①日常的な単語・フレーズが多く出てくる

意外とファッションの専門用語のようなものは出てきません。仕事にプライベートに、よく使うような日常的なフレーズが溢れています。これは誰でもこの映画に共感できるポイントでもありますね!変なスラングも出てきません。

②登場人物がハッキリとセリフを発音している

特に主演のアンディ役であるアン・ハサウェイの発音はとっても聞き取りやすい!さすが名女優。ミランダ役のメリル・ストリープはぼそぼそっと話す印象ですが、ゆっくりと綺麗な発音で話しているので聞き取りやすいですよ。

③ストーリーが明瞭でわかりやすい

基本的にはサクセスストーリーなので、視聴者を困惑してくるようなことはありません。ストーリーにグッと引き込まれながら勉強できること間違いなし。

④とにかくオシャレで面白い。何度見ても飽きない名作

映画を教材にして勉強をする場合、「繰り返し観ても映画か」ということが非常に重要です。この映画は2,3回観ても、毎回新鮮に感じるくらい面白いのでおススメしています。

「プラダを着た悪魔」のスクリーンプレイ書籍がおすすめ

「プラダを着た悪魔」はなんと教材としてスクリーンプレイが出ています!

スクリーンプレイとは映画のスクリプト。
つまりセリフが英語と日本語で載っているんです。

しかも日本語訳は映画特有の意訳ではなく、英文に基づいた訳になっていてさらに解説付き。

これは楽しい英語学習に必須とも言えるアイテムですね♪

下記から楽天やAmazonで購入できますよ。

それではスクリーンプレイの中から、必須の名言や学べるフレーズを紹介していきます!

「プラダを着た悪魔」英語の名言・セリフ

ミランダ

“That’s all.” 「以上よ」

仕事でも日常でも頻繁に使える表現ですね。

ミランダがこのセリフを冷たく言い放つシーンは何度も登場しますが、かなり印象的ですよね。

“Is there some reason that my coffee isn’t here? Has she died or something?” 「私のコーヒーがここにないのには理由があるの?彼女死んだとか?」

or something?は「~か何か?」という意味で、よく使われる言い方です。

この上司、怖すぎです…

“Please bore someone else with your question.” 「他の人をあなたの質問で退屈にしてちょうだい」

bore…退屈にさせる(動詞)
自分が退屈な場合は“I’m bored.”
そのものが退屈・つまらない場合は“It’s boring.”

プラダを着た悪魔 アンディ

” I never understood why everyone was so crazy about Paris, but now… It’s. So. Beautiful.” 「今までなぜ人々がそこまでパリに魅了されるか理解できなかったわ。でも今はわかる気がする…とっても美しいわ。」

crazy about …夢中になる・魅了される

“I’m not your baby.” 「私はあなたのベイビーじゃないのよ。」

ピシャっと言い放つところがかっこいいですね。

プラダを着た悪魔 エイミー

” You sold your soul to the devil when you put on your first pair of Jimmy Choo’s.” 「初めてジミーチュウの靴を履いた時、あなたは魂を悪魔に売ったのよ」

靴は2足で1つなので、よくa pair of shoesと表現されます。

“You have some very large shoes to fill. I hope you know that.” 「前任者の穴を埋めるのは大変よ。わかってるといいけど。」

“large shoes to fill”とは、「優秀だった前任者の後釜としての重責」という意味のあることわざです。
sachi
sachi

アンディのサイズの大きさに掛けているところがオシャレ!

 

ナイジェル

I can get another girl to take your job in five minutes… one who really wants it. 「君の後任なんて、5分以内に見つけられる。本当にやりたがっている子をね」

ミランダが褒めてくれないと泣き言を言うアンディに、ナイジェルがきっぱりと言い切るシーン。
in 5 minutesで5分以内に、という意味になります。

“A million girls would kill for that job” 「女性の憧れの仕事だね」

何度か出てくるセリフですね。

直訳すると、「100万人の女の子がその仕事のためならなんでもするだろうね」という意味。

kill for~…~のために何でもする

映画で楽しく英会話を学ぼう!

映画のセリフを英語で学ぶことで、ボキャブラリーや言い回しを学んだり、リスニング力の向上にも繋がります!

著者は大の映画好きだったので、映画で学んだことを留学先の友達やホストファミリーとの会話でアウトプットして着実に自分のものにしていきました。そのおかげもありネイティブが話すような自然な英語を身に着けることができました♪

sachi
sachi

なんといっても1番の醍醐味は、映画のセリフをオリジナルの形で理解できること。映画好きとしてはたまりません!

今はオンライン英会話で気軽に英会話レッスンを受けることができるので、留学に行かなくてもおうちで学んだ英語をアウトプットできます。

おすすめは入会金0で、質の良いレッスンを格安で受けられるDMM英会話!


CMでおなじみの大手英会話教室です。
オンライン英会話の満足度に関する調査において、すべてNo.1を獲得しています。

DMM英会話のメリット

①入会金なし!
②フィリピン講師を中心に様々な講師と毎日レッスンできて月額6,480円!
③日本人講師+ネイティブ講師も毎日1レッスンで月額15,800円!
④24時間365日レッスン可能
⑤フリートークが苦手な人必見!様々な目的に合わせたテキストを選べる

ネイティブのレッスンが1コマ500円以下!ノンネイティブならなんと200円!破格で英会話を毎日受けられますよ。

 

\無料体験はこちらから/

DMM英会話のレッスンを無料体験する

まとめ

いかがでしたか?

あなたも今日からファッションリーダーになったつもりで、おしゃれに英語を使ってみてくださいね(^^♪

他にも映画の名言を英語で紹介しています。こちらもぜひ。

プロフィール
この記事の著者
sachi0618

英語力0からカナダの公立高校に入学し、自力で卒業。その経験を活かし本当に使える英語を楽しく学べる情報や、その他お役立ち情報を等身大で発信していきます。
現在は1度の転職を経て名古屋のメーカーで海外営業として時にゆる~く、時にバリバリ働いております。

sachi0618をフォローする
映画・名言で英会話
スポンサーリンク
sachi0618をフォローする
*英会話シネマ*

コメント

タイトルとURLをコピーしました