スポンサーリンク

これさえ知っていれば沈黙回避!英語でのあいづちの打ち方

talk使えるフレーズシリーズ
スポンサーリンク

外国の方と会話をすると、意外と困るのが1つ1つの話に対する相槌の打ち方。

日本語でも会話中、要所で相槌を打ちますよね。
例えば「なるほど」「そうだよね」「確かに」「マジで?」などなど。。

友人との会話を思い出してみてください。相槌って意外とたくさん、それもいろんなバリエーションでうっていませんか?

普段自然にやり過ぎて意識していないからこそ、意外と出てこないのがこの相槌。

私も留学中初めの方は、すべての相槌が「ん~」「ふ~ん」みたいな謎の擬音になってしまっていて、相手も自分の話が伝わっているか疑問に思っていたのではないかと今になって思います。

会話はキャッチボールです。

そのキャッチボールをしっかり行うためにも、相手の話に適したリアクションを示してあげることは必要不可欠です。それを踏まえた上でこの記事では、使える相槌シリーズを紹介していきます。

スポンサーリンク

初級編

まずはとっても簡単!どんな会話にも盛り込めるフレーズから。

Really./Really?

最初のReally.はリアリ↓と語尾を下げる感じです。
これは「そうなんだ」というニュアンスになります。
Really?の方はリアリ↑のようになり、「本当に?」「マジで?」といったニュアンス。

状況によってイントネーションを使い分ければ、1つの言葉で2通りの返しができますよ(^^)/

I see.

言わずと知れた、中学英語の初めの方で習う相槌。
普通にネイティブも頻繁に使いますし、どんなシーンにでも合う相槌です。

Ok/Yes/Yeah

どれも「うん」とか「はい」みたいな意味になりますね。
Yesは少しフォーマルなので、砕けたときはOKやYeahで大丈夫。
だからといってOKとYeahがカジュアルすぎるというわけではないので、目上の人やビジネスシーンでも普段の会話はこの2つで大丈夫です!

That’s right/Right

「そうですね」と同意する場合。「正しい」という意味のrightは相槌としても使えます。

Exactly

Right よりも強く同意する場合、「全くその通り!」という意味で使います。

Exactの基本的な意味は「正確な」という意味になります。砕けた感じでいうと、前のめりになって「それな!」「ほんとそれ!」というニュアンスです。

Cool!

これはネイティブが頻繁に使う相槌です。ざっくり言うと「いいね!」という意味です。
単純にかっこいいという意味だけではなく、「素敵」「イカしている」のような意味でもOk.

例えば、

“I just bought a car. It’s Lamborghini. ”「車を買ったばかりなんだ。ランボルギーニさ。」
“Wow! Cool!” 「わお!イイね!」

みたいな感じになります。私はこの相槌はネイティブらしくて好きです。

That sounds great.

これは直訳すると「良く聞こえる」という意味ですが「よさそうだね」というニュアンスになります。相手の話に「それはよさそうだね!」と感想を述べる場合として使うのはもちろんのこと、自分が相手の誘いに乗り気であるときの意思表示にも使えます。

例えば、

“Maybe we can go fishing on the weekend sometimes” 「今度週末にでも釣りにいきましょうか。」
“That sounds great to me!” 「ぜひ行きたいよ!」

みたいな感じになります。

ちなみにmaybe we can~ は誘い文句の1つです。直訳するとあまり誘っている感じはありませんが、誘ってます!笑 直接的ではないので社交辞令にも使えますね~。

中級編

中級編では単なる相槌にプラスして、自分の意見を伝えられるフレーズを紹介します。

これができるようになれば、相手の話を聞く側としての会話はある程度成り立つはずです。

まずは私も!という意味の相槌から。

Me too
私も!

Same here
私も一緒です。

I think so too.
私もそう思うよ~

今度は逆に、自分が知らなかったことを聞いた場合など

I didn’t know that!

知らなかった!

I’ve never heard about it.
聞いたことがないな、初耳だよ。

I don’t believe that!
うそ!信じられない!

上級編

最後に一つだけ、上級編を紹介します。

So do(am) I.
「私もです」

これは、me tooとかsame hereと同じ意味ですが、ネイティブがよく使う表現でもあります。
ただ上級編がゆえに使い方がちょっと難しいです。なぜなら、相手の会話の内容によって動詞が変わるからです。

例を出したほうがわかりやすいと思うので下記を参考にしてください。

“I am a teacher in high school.” 「私は高校の教師です。」
“So am I” 「私もです。」

“I usually read before I go to bed.” 「私は普段寝る前に本を読みます。」
“So do I. What are you reading now?” 「私もです。今は何を読んでますか?」

もちろん過去形にもなります。

“I was sad when that band broke up” 「あのバンドが解散したときは悲しかったよ」
“So was I. They were such a good band” 「私も。ホントいいバンドだったよね」

“I went to gym this morning.” 「今朝はジムに行ってきたよ。」
“So did I. I’m trying to lose some weight.” 「私も。痩せようと頑張ってるんだ。」

まあ難しいので、簡単な相槌になれてきたら挑戦してみてください。
これが使いこなせたら、かなり相槌レベルが高くなりますよ!笑

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介した相槌を盛り込めば、相槌に困ることはないはず!

英語でもぜひ素敵な聞き上手を目指してくださいね(^^)/

 

 

 

プロフィール
この記事の著者
sachi0618

英語力0からカナダの公立高校に入学し、自力で卒業。その経験を活かし本当に使える英語を楽しく学べる情報や、その他お役立ち情報を等身大で発信していきます。
現在は1度の転職を経て名古屋のメーカーで海外営業として時にゆる~く、時にバリバリ働いております。

sachi0618をフォローする
使えるフレーズシリーズ
スポンサーリンク
sachi0618をフォローする
*英会話シネマ*

コメント

タイトルとURLをコピーしました